Simple & Lovely

Simple & Lovely

女子力&美意識の向上♪ シンプルこそ美しい

【スポンサーリンク】

お裾分けの心

『おすそ分け』をしてあげよう!
…という話ではありません。

夏の日曜ドラマだった、唐沢寿明さん主演『ナポレオンの村』

結構好きで、毎回見ていました。

廃村計画すらあがっている神楽村の山の滝壺にレストランを作った話の回で、

『山菜は山からのお裾分けだからね、全部採っちゃいけないよ』

というセリフがあったんですけど、コレがすごく印象に残っています。



ドラマは関係ないんですけど、少し前にフリマに行った時、隣に出店していたおじいさんにめちゃめちゃ話し掛けられたんですけど…。笑

そのおじいさんは、手染めの布とか、手拭いとかを売りに来ていたんですが…

お客さんが途切れてはこちらに来て、戦争時の話とか、フリマの極意とか、自分の話とか、たくさん聞かせて頂きました。

…ほんのちょっと嫌だったんですけどね。笑

ほんのちょっとだけですよ!

でも、お話の内容が中々考えさせられるモノでした。

普段から、布の手染めとか、書道とか、まぁ、ちょっとクリエイターに近い仕事をしているおじいさん。

中でも印象的だった話は…

現代は『モノを作りすぎだ』ということ。

フリマね、ほとんど売れなかったんですよ。(´-ω-`)

なので、その愚痴でもあったと思うんですけど。笑

『今は大量生産ばかりでモノが多いから、こんなとこで売ってたって買う人なんかいない。』

というところから始まり

モノが増えすぎて、ゴミまで増えているということや、1つ1つの物の単価が落ちているということ。
まぁ、ほぼ愚痴なのか?という感じでしたけど。


でも、本当にそうかもしれません。

今は、大抵の人が、本当に必要な物はすでに揃っているんですよね。

大量生産して、単価を下げる。
安いものを買いたい。

…この考えが、イカンと思うのです。


例えば、私が少し前まで生業にしていたマッサージ。

リラクゼーション業界でも、今は価格破壊が深刻で、安いところは60分2980円とか。

当たり外れはあるものの、当たればやたらと上手い人だっている訳ですから、適正価格でやってる人からしたらたまったものではないですよね。

でも、上手い人・結果を出せる人・全力でやってる人というのは、長い時間と沢山の自費を費やして勉強し、知識や技術に磨きをかけて来ているのです。

決して、60分2980円という価格は、適切ではないと思うのです。


…というのは、マッサージだけじゃないですよね。
 
多分、どんな業種でも、価格破壊は深刻であると思います。

でも、どんな仕事だって、追求し、研究し、全力を注いでいる人がいるのです。

そして、その全力投球した仕事は、薄利多売でホイホイ提供できる物ではない訳です。


フリマサイトで不用品を売ってるときにも思いましたけど

とにかく、買い叩きたい!…みたいな人って本当に多いです。

まぁ、フリマはそういうところだっていうのもあるので仕方ないかもしれないけど。

しかし、不用品とはいえ、気に入って大切にしてきた物だから、そんなにガツガツ値下げを要求してくる人が、果たして大切に使ってくれるんだろうか?と思ってしまうのも事実。

じゃぁ売るなよって話かもしれませんけど。笑


ひとりひとりが物の価値を理解して、

『なるべく安く買いたい!』

ではなく、

『正当な価格を払いたい!』

という気持ちでお買い物をすれば


地球の資源が使い果たされるような事はないだろうし、

ブラックな環境で働く人も減るんじゃないかな?


そして毎日飲食店で大量に出る食べ残しが減って、無駄にされる命が減って…

近所のスーパーにも、安全な食べ物が増えたりして…

家庭から出る大量のゴミが減って…

いがみ合いが減って…

気持ちよく毎日を過ごせる人が増えて…




私もストレスで買い物したりするところがあるので、あんまり人のことは言えないですけど。

自分が本当に価値を感じられるものを、必要な分だけ、正当な価格で買うようにしていきたいなって、本当に思います。



食事でも、服でも、雑貨でも、電化製品でも、形がないサービスでも

地球からのお裾分けであり、作ったり提供している誰かからのお裾分けなんですよね。

それを買えることにも感謝して、作って提供してくれた人たちが幸せになるようなお金の使い方をしていきたいです。

スポンサーリンク